FXでよく使われるMT4とは一体何なのか?


FXを始めて色々と情報を収集していくと、必ず「MT4」といった文字を目にする機会があると思います。一見指標か何かのようにも思えてしまうこのMT4ですが、これは一体何なのでしょうか。

Meta Traderとは、ロシアのMetaQuotesSoftware社が提供しているFXトレードを行なうためのソフトウェアであるMeta Trader4(メタトレーダーフォー)のことで、トレーダーには略して「メタフォー」と呼ばれています。

中級、上級トレーダーの多くがこのMT4を利用して取引を行なっており、世界で最も利用されているFX用のソフトと言っても過言ではありません。

もちろん日本のFX業者が提供しているソフトでも取引に使えないことはありませんが、このMT4は優れた拡張性を持っており、ある程度経験を重ねたトレーダーはその利便性から自然とこちらのMT4を選ぶようになっているというのが現状です。

didXE Marketsは、新たに「XM.COM」(エックスエム・ドットコム)に姿を変えました。そういう意味では最新のFX業者とも言えますが、運営しているのはこれまでと変わらずに海外FX業者として有名なトレーディング・ポイントです。トレーディング・ポイントからXEマーケット、そしてXM.COMと名前を変えましたが、取引ツールの使いやすさやシステムの安定性、日本語サポート体制、レバレッジなどのスペックは相変わらずに充実しています。

シンプルで機能性を追求したホームページを見ても、そのことは明らかでしょう。そしてXM.COMが、リクオートや約定拒否なしを明言していることはユーザーにとっては嬉しいことです。またキプロス証券取引委員会(CySec)認可、FCA (FSA,英国)、を含むすべてのEU諸国により承認を受けている信頼性の高いFX業者がXM.COMです。試してみたい人は、無料のデモ口座が用意して有りますので、そこから始めることができます。また、この業者は、どこのFXランキングを見ても、上位にランキングしているという点から、信頼出来るのではないでしょうか。
ggFxNETは、キプロス証券取引委員会(CySEC)にから認可を受けたFX業者(金融先物取引業者)です。最大レバレッジは500倍まで設定でき、取扱い通貨ペアは米ドル/円などの人気基軸通貨からマイナーな通貨ペアまで25種類を用意しています。またFxNETが提供するスプレッドは、市場の開閉時間に関係なく、すべてで固定スプレッドになっています。

また投資家の資金の安全性確保にも力を入れており、投資家補償基金の会員になっていることから、もし万が一破綻するようなことがあっても、最大2万ユーロまでは保障されます。また投資家の資金はイギリスのバークレー銀行を初めとする、世界の一流銀行に保管されています。FxNETは日本語サポート体制も完璧に整っている注目のFX業者です。今後日本国内でも、人気が急上昇していくでしょう。
atatオプションの種類は「ハイロウ」、「60セカンド」、「ワンタッチ」のほかにも「レンジ取り引き」も行っています。確立が高いのが「60セカンド」ですが、高率のペイアウトがあるのが最近人気を集めている理由の一つです。

取引銘柄は通貨14ペア、株式22種、株価指数11種、先物商品6種となり非常に豊富です。なにかしらトラブルがあったときのために電話やチャット、メールなどのサポート面で日本語対応はもちろんのことですが、初心者のためにトレーニングやセミナーもあります。
muhアイフォレックスの取引ツールは、カスタマイズ性の高さに定評があります。FXトレードは一分一秒を争う世界であり、少しでも自分の使いやすいように設定できるのはとてもありがたいことです。

チャートのワンスクリーン表示、取引パネルのスピード感など、初心者だけでなくプロのトレーダーをも満足させられるほどのクオリティです。あらゆる局面で非常に重宝することでしょう。

クイック注文という発注ツールはレスポンスが非常に早く、しかも動作が安定しているため、安心してスピーディーな取引を楽しめます。


MT4が多くのトレーダーの支持される理由は数多くあります。

まず、そもそもフリーソフトであるということ。そしてフリーソフトとは思えない様々な機能を兼ね備えているということが挙げられます。

MT4では100種類以上のテクニカル分析をチャートに表示させることができ、トレーダーの戦略に合わせて選択することができます。「自分の見たい指標を表示させられない」ということはまずありません。

その他にも、ユーザビリティの高いコンソールであったりなど、使いやすさを説明するための要素には枚挙に暇がありませんが、MT4の最大の特徴は、何と言っても自分で作った設定で自動売買、つまりシステムトレードを行なうことができるという点です。

この自動売買するためのプログラムは「Expert Advisor」通称EAと呼ばれています。

このEAはMQL4というプログラミング言語によって作られていて、これを利用することで自分自身だけではなく他のトレーダーが作った指標を利用することができるようになっているため、自分にもっとも適したチャートを作成・表示させることも可能になっています。

そしてこのEAをつかって売買のタイミングや条件を設定することにより、一日中パソコンの前にずっと座っていなくても、自動的に取引を行うことができるようになるのです。

もちろんこのMT4は、初心者向けのソフトではないためある程度トレードを行なってから導入するのがベストですが、それでもこれだけのメリットをもったソフトですから、使わない手はありません。

ある程度トレードに慣れたら、是非とも導入して快適な取引スタイルを構築することをおすすめします。


兼業農家というのは世帯員のうちで他の仕事についている人がいる場合に使用される名称で、世帯の全員が農業だけをしている場合は専業農家に分類されます。

この分類は世界共通のものではなく、あくまでも日本だけで使用されているもので、ヨーロッパなどでは世帯主の収入状況などで兼業農家として扱われることもあります。

日本では長年農業がさかんに行われてきましたが、経済成長を何度も経験している間に農業よりも魅力的な仕事が増えたために専業農家が減少して、兼業農家が増加する傾向が顕著になりました。

また全国各地の農業がさかんな地域は共同体としての結びつきが強いために、若い世代が自由度の高い地域で就職することも多くなっています。

現在では農業を副業として考えて、より高い収益をのぞむことができる果物や野菜、きのこなどが作られていることが多く、大規模な農地を必要とする作物よりもコンパクトに稼げる作物に人気が集まっています。

また日本では兼業農家は第一種兼業農家と第二種兼業農家に分類されていますが、これは農業とそれ以外の仕事の収入の割合で決められています。

農業をメインにしている世帯は第一種として分類され、それ以外の仕事をメインにしている世帯を第二種として分類しています。

この2つの兼業農家の傾向を見ることで今後の日本の農業がどのように進展するのか知ることができるとされています。

農業の収入は燃料や肥料、トラクターなどのローン返済などによって左右されているので、燃料が高騰すれば多くの農家が収入を減らすので、第二種兼業農家のほうが相対的に増加します。

日本の場合は稲作は縮小傾向が顕著に見られていて、現在の世帯主の平均年齢も年々高齢化しています。また相続税対策のために田畑を売却したり、マンション経営のために利用することも多くなっていて、とくに土地の価格が高い都市部で田畑がマンションに姿を変えています。

しかし兼業農家には魅力も多く、農業での収入が減少しても他に収入があることで、安定した生活を送れることや、食料需給問題などが起きた際に作物が高騰して儲けが増える可能性もあります。

また将来的に人気が高まる品種や希少価値の高い品種の作物を作ることで顧客を増やして、農業経営を拡大することもできます。

兼業していると社会人としての経験もあるので、農業経営にもプラスの影響が多く、自分の能力を活かせば農業とビジネスを上手に結びつけて収益を増やすことができます。