バイナリーオプションの歴史と今後の展望


今でこそ大人気のバイナリーオプションですが、そもそもバイナリーオプションはどこで誕生したのでしょうか?
バイナリーオプションは2003年に金融大国であるイギリスで誕生しました。日本に入ってきたのはずっと後で、2009年になってからです。
日本では導入が遅かっただけではなく、まだまだ規制が強いため、日本人でも海外のバイナリーオプション業者を利用する人も少なくないようです。
海外のバイナリーオプション業者の特徴として、日本の業者よりも豊富な通貨ペアや詳細な条件が用意されていることがあります。
そして何よりも勝負が早いというのが海外のバイナリーオプション業者の特徴です。日本では2時間ごとだったりしますが、海外では数十分から、最短で60秒という短期のものも人気があります。
ただし、海外にはたくさんのバイナリーオプション業者があるため、信用のできる業者を選ぶことが大切です。ランキングなどを参考にしながら、よく事前に調べてください。

さて金融商品というと、やはりFXが絶対的な王者でしたが、最近ではその人気にもやや陰りが見え始めています。
理由は大きく分けて二つあり、一つ目理由としては世界の経済が非常に不安定な時期が続いているということです。
サブプライムローンやリーマンショックの問題が少しずつ解決したと思ったら、ユーロ危機や原油安など問題は尽きません。
二つ目の理由としては、これは日本国内の問題になりますが、規制が強化されてしまいあまりFXにうまみがなくなってしまったことです。
特にレバレッジが制限されてしまったのは大きく、まだ数百倍のレバレッジを利用できる海外のFX業者に人が流れているようです。

そんな状況のわけですから、バイナリーオプションの人気が高まってきたのもある意味では必然と言えるでしょう。
もちろん、バイナリーオプションにも問題がないわけではありませんが、十分に魅力的な商品であることには違いはありません。
今後はどうなるのかは予想できませんが、他に有力な金融商品があるわけではありませんので、まだまだバイナリーオプション人気は続くのではないかと思います。