自分好みのトレードスタイル


ettFXは24時間、FX業者が休みの(土日)以外は、取引可能な時間帯となっています。一般的に FX投資家が目が覚めたと同時にまず行う行動というのは、為替レートの動きを確認することです。
その後マーケットニュース等の情報を把握し、やっと身支度を整ると言っても過言ではないでしょう。交通機関利用中でもスマートフォンなどでニュースを逃す事がないようです。
世の中の誰よりも早く世界経済の流れを取り入れることで、ビジネス業界の中で優位に立てるのです。


おそらく、FX投資家、もしくは経済の専門家でない限り、米国の雇用統計や重要経済指標の推移等の情報にあまり興味を持つ事はないのではないでしょうか。

詳細

FXを行っているだけで経済、金融通になることは間違い無しです。FXをやる目的は、確かに儲かる事ですが、たとえ少額からでも、儲けながら、長くFXを続けていって初めて気がつく面白さもあるもです。取引の世界から世の中の流れに自分も参加する、予想以上に奥深い世界経済と付き合っていく事により、人間社会における人間の心理を別の角度から見てみる事が出来るでしょう。最近では、FX取引やバイナリーオプション取引の人気が高まって来ているせいか、FXブログ等の数も増えて来ています。色々な人の体験談や意見を参考にするのはいいことだと思います。


矢野経済研究所とFX業者のFXCMジャパンが、個人投資家向けにFXに関するアンケートを実施していたのをご存知ですか?

FX投資家の取引スタイルに関するもの、そしてFXを実際にやってみて必要だと思った知識についてのものです。これからFXを始めたいと思っている方、あるいは初めての取引方法に悩んでいる方に是非読んでいただきたい内容となっております。

どのようなときに最も取引をしようと思いますか?

意外にもFXの基本的な仕組みを理解したいと思っている方が多いようです。チャート分析についても同様です。確かにこの2つの項目が重要であることは言うまでもありません。FXは為替の取引なので、株とは大きく違います。株のチャートのパラメータ設定とは異なるうえに、為替相場にはその時々のテーマがあるため、テクニカルだけではFXは勝つことができないのです。つまり、相場のテーマを正確に理解したうえでテクニカル分析をする必要があるのです。FXでは、流行の波にいち早く乗ることが大切です。株よりも価格の変動率が小さく、ゆえに波の大きさや向きは変わりやすいということを覚えておいて損はありません。

私個人の意見としては、参考にするテクニカル指標はトレンド系を主軸とするのが無難だと考えています。また、そのことを念頭に置いてこのサイトを運営しております。興味を持った方は、他のページも覗いてみてください。